ダブルオレンジで快適な住まいを発見|不動産物件の巣窟所

お得な物件を探す方法

部屋

東京で安く物件を手に入れたいのであれば、事故物件を探しましょう。日本の首都である東京は人口が多く、土地代も高いですが、事故物件であれば相場よりも安く購入することができます。事故物件というのは、「心理的瑕疵不動産」を指します。心理的瑕疵不動産とは、自殺や殺人事件、死亡事故などを起こした経歴を持つ不動産物件です。最近は、孤独死などが珍しいものではなくなってきているため、そのような理由も、事故物件が増える一因となっているようです。宅建業法により、不動産会社や宅地建物取引業者は、その物件を契約するお客様に対して、事故物件であることを重要事項説明にて告知する義務があります。不動産会社に直接事故物件について聞いてみれば、教えてもらえるでしょう。自殺や殺人事件が起きたと言っても、すでにリフォームなどが行われており、キレイになっていますから、事故の痕跡などは見当たりません。住む人の気持ちの問題でしょう。事故物件というと嫌煙されがちですが、物件の内装や設備に問題があるわけではないので、気にしないという人には非常にお買い得だといえます。中には東京の事故物件を専門的に紹介している不動産サイトもあり、インターネットで検索することができます。物件を購入することもできますし、他の不動産屋では買取を拒まれた物件なども査定して買取してくれる場合があるので、物件を売却したい場合にも一度相談してみるといいでしょう。東京では、事故物件は必ずしも嫌われるというわけではありません。不動産売買で上手に活用しましょう。